村屋神社

住所 奈良県磯城郡田原本町大字蔵堂426番地
電話番号 0744-32-3308

この場所をGoogleで検索

概要

村屋神社(村屋坐弥冨都比売神社)は、延喜式内大社で、桜井市三輪の大神神社の別宮といわれ、祭神は弥冨都比売と大物主命です。日本書紀には「壬申の乱」において村屋神が大海人皇子に神託を与えたことが記されており、中ツ道沿いにある村屋神社が「壬申の乱」の際には重要な戦略拠点であったと考えられます。また、町の木であるイチイガシなどの極相林が残されており、社そうが、県指定文化財となっています。

村屋神社HP⇒http://murayajinja.com/index0/

御田祭(おんだまつり)

牛使いの森講が牛男に扮した牛を使って、田植えの準備を行い、この時、牛が良く暴れた年が豊年になると伝えられています。神主が田植えを行い、使った苗松は郷中の農家、参列者に配られ、祭りの最後は餅まきが行われます。
開催日:2月11日

夏越し大祓い(なごしおおはらい)

本格的な夏を前に、「夏越し大祓式(水無月祓い)」の神事が行われます。この祭りは、半年間の無事を感謝し、罪穢れを祓いおとすとともに、残りの半年間の息災を祈願するもので、奈良時代の宮中行事であり、日本最古の宗教儀礼ともいわれています。
開催日:6月30日

秋祭り(あきまつり)

宵宮で、参拝者に巫女祓いを行い、本宮で、平神楽、扇の舞、剣の舞など、代々伝えられてきた神楽を神様に奉納します。
開催日:10月9日(宵宮)・10日(本宮)

口コミ