守屋裕史 さんの口コミ / 村屋神社

村屋神社
5 mihotuhime-1.jpg

主祭神 三穂津姫命

大国主命(大物主命)の后神として高天原から稲穂を持って降り、稲作を中津国に広めたと謂われる三穂津姫命。后という漢字は正妻の意味です。
大国主命の正妻といえば須世理姫神を思い浮かべますが、三穂津姫神は国譲り後、中津国の姫神が正妻であるのは信用ならぬと、国譲りの証と誓いの一つとして高天原より降ったという謂われもあります。

ラベル